経験豊富な業者ならコウモリ駆除を簡単に行える

夜の住人を追い払う

蝙蝠

プロに任せることの重要性

夜行性のコウモリは日没後の行動が多く、家屋に侵入していても存在に気が付かないケースが多々あります。しかし、飛んでいるとき以外はぶら下がっているため、問題はフンが山のように積もってしまうことです。問題が大きくなる前にコウモリ駆除が必要となりますが、素人では見分けがつかないような小さい穴から侵入します。そのため、コウモリ駆除は経験豊富な業者への依頼が望ましく、イタチごっこにさせないための確実な手段でもあるのです。また、コウモリはフンも含めて危険な菌を持っている可能性があり、素手で触る行為は大変危険といわれています。コウモリ駆除業者の作業は施工後の安全も考慮しているため、侵入防止と追い払い以上の効果が期待できます。

家庭内の安全を守る

日本では一部の種類を除いて野生動物を守る法律「鳥獣保護法」が制定されているため、コウモリを許可なしに捕まえることはできません。つまり、追い払うことは可能であっても捕獲できないことから、個人でコウモリ駆除に取り組む方法は難しさがあります。コウモリ駆除専門の業者は法律に精通し、法的なトラブルを回避する手段としても効果的です。侵入防止や再来防止がメインとなるコウモリ駆除ですが、危険なのは積もったフンを除去する作業にあります。フンには人間でも感染する危険な菌が潜み、マスクを装着しても吸い込む可能性があるのです。コウモリ駆除業者に任せることでさまざまな危険が回避でき、自分と家族の身を守るためにもプロの助力が必須となっています。

男の人

習性を考えた作業

アシナガバチの巣を駆除する場合、小さい巣であれば個人でも可能です。アシナガバチは昼の時間帯は巣から出て活動します。そのため、アシナガバチが巣に戻る夕方から夜にかけての時間帯が巣の駆除には適していると言えます。

蜂

専門業者に任せて安心

家の近くに蜂が巣を作った場合、日ごろの生活が制限されるようになり、安心して暮らすことができなくなります。駆除作業を行う場合、さまざまな場面が想定されることから、どんな状況にも対応可能な、専門業者に任せておくと安心です。

蜂の巣

自力で蜂駆除

蜂の巣を取り除くことや蜂を退治することは業者に任せることが勧められていますが、スズメバチでなければ自力で行えないこともないです。ただ、とても危険な作業になるので、知識やアイテムを準備万端にしてから向かうと良いです。